患者様が求める噛み合わせ、
美しい口元をつくる
お手伝いをいたします

親知らずについて

親知らずについて

親知らずはだいたい18歳から20歳ぐらいに生えてきます。その頃には歯が生える場所が残っていないため、骨の中に埋まったまま出てこなかったり、横あるいは斜めに生えてきたりするケースがほとんどです。
不完全に生えた親知らずは手入れがしづらく、汚れが溜まりやすくなります。虫歯になりやすいだけでなく、口臭や顎関節症のリスクも高まるので、早めの対策が必要です。
では、親知らずが生えてきた場合、すべて抜いたほうがいいかというとそれは違います。
正常に生えてきて機能しているケースなど、すぐに抜く必要はないこともあります。また、高齢者の方やお口の中の病気、糖尿病をお持ちの方など、患者様の状況によって対応方法も異なってきます。当院の副院長は歯科口腔外科の修練を積んだプロフェッショナルです。ご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

噛み合わせについて

噛み合わせについて

きちんと噛める状態を維持することは、単に虫歯や歯周病の治療をすればできるものではありません。健康的な生活を送るためには、正しい噛み合わせを考慮した治療、顎(がく)関節症を防ぐ治療が大切です。
いくら虫歯や歯周病を治療しても、噛み合わせが悪いまま放置していれば歯垢が溜まりやすくなり、またすぐに虫歯になってしまいます。また、噛む力がまっすぐに伝わらず歪んでしまうことで、歯周病・顎関節症などの発症に繋がりやすくなります。
さらに噛み合わせの悪さは頭痛や肩こりの症状、自律神経失調症など全身の病気の原因になる可能性を秘めています。
噛み合わせ治療には検査による的確な診断と豊富な治療経験が必要です。当院の副院長は歯科口腔外科に勤めた経験があり、顎関節症の治療経験と知識を兼ね備えています。最近、おかしいなと感じることがありましたら、一度ご相談ください。

マウスピースについて

マウスピースについて

歯が痛む理由は虫歯や歯周病だけとは限りません。寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしていると必要以上に強い力がかかり、歯の損傷をはじめ、さまざまな悪影響を及ぼします。これを防ぐために、就寝時にマウスピースを装着して歯を守る方法があります。
歯ぎしりや食いしばりは、自分で解決するのはなかなか難しいものです。また、その原因となるストレスも上手に解決することが求められます。当院では患者様の歯型をもとに精巧なマウスピースを作り、歯を守るとともにストレスの緩和につなげていきます。
また、マウスピースを使用した歯の矯正にも取り組みます。歯の矯正というと針金のような器具を連想しがちですが、マウスピースは透明のため、通常の器具よりも周囲から気づかれにくいところが大きな特徴です。取り外し可能で手入れは簡単ですし、虫歯や歯周病のリスクも軽減できます。