安心・安全で高い機能性を備えた
インプラント治療を
提供いたします

インプラント治療

当院のインプラント治療について

インプラント治療とは、歯を失ったところのアゴの骨にインプラントと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントを取り付けて人工歯を装着する治療法です。歯科先進国の欧米諸国では、歯を失ったときのスタンダードな治療法として認識されています。 歯を失ったときのインプラント治療以外の選択肢としてある入れ歯治療は、入れ歯を歯茎の上に乗せたり留め具で歯に引っかけたりして使うため、装着時の違和感や外れるなどの問題が起こる場合があります。また、もう一つの治療の選択肢であるブリッジは、歯を失ったところの両隣の歯を利用して、橋をかけるように人工歯を取り付ける治療法です。両隣の歯は健康であっても削らなければなりません。 インプラント治療は、このような入れ歯とブリッジのデメリットを解消した治療法です。天然歯に近い噛み心地、快適性、審美性を実現できます。 ゆあさ歯科クリニックでは、口腔外科出身の院長が技術力と経験を活かし、精密なインプラント治療を行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

このような方にインプラントをおすすめします

歯を失ったからといって、やみくもにインプラントをおすすめすることはありません。患者様の年齢や生活状況などさまざまな部分を考慮した上で、最適な方法をご提案させていただきます。
例えば、若い方ならほかの歯に影響を及ぼす入れ歯やブリッジよりもインプラントをお考えになった方がいいでしょう。逆にご高齢の方の場合、介護ケアなども考えるとインプラントがいいのかどうか、よくお考えいただいた上で決める必要があります。
高齢化社会が進むなか、日頃のセルフケアが困難になり以前に入れたインプラントでお口の中を傷つけてしまったというケースも耳にします。難症例にも対応できるようになってきたインプラント治療ですが、万能なものではありませんので、お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

  • 1カウンセリング

    患者さんにとってインプラント治療が最適な治療とは限りません。当院では、患者さんが納得できる治療法をご提案するために、歯を失った原因やご希望を丁寧にお伺いしております。また、インプラント治療のメリットとデメリット、治療の流れ、治療期間などを詳しくお伝えしています。インプラント治療に関することは、些細なことでもお気軽にご質問ください。

  • 2事前の診査

    全身の健康診断と一般歯科検診を行い、むし歯や歯周病の有無や手術の適用が可能かどうかを確認します。

  • 3治療計画の説明

    全身の健康状態やお口の中の状態を踏まえ、詳細な治療計画を立案いたします。当院では、患者さんに治療計画の十分な説明を徹底し、同意をいただいてから治療を始める「インフォームドコンセント」を大切にしております。治療計画で不明点や疑問点があるときは、お気軽にご質問ください。

  • 4事前処置

    むし歯や歯周病がある場合や、アゴの骨の厚みや幅が足りない場合は、インプラント治療よりも優先して必要な処置を行います。そのため、通常の治療期間よりも長くなる可能性があります。

  • 5インプラントをアゴの骨に埋め込む手術(一次手術)

    一次手術では歯茎を切開してアゴの骨に穴を開け、インプラント体を埋め込みます。その後、インプラント体と骨が結合するまで安静にします。安静期間の目安は治療部位や骨の状態で変動しますが、下アゴは3ヶ月、上アゴは6ヶ月程度です。

  • 6アバットメントと人工歯の作製と取り付け(二次手術)

    二次手術では、再び歯茎を切開してインプラントを露出させ、インプラント体と人工歯の支台となるアバットメントを取り付けます。同時に型をとって人工歯を作製し、人工歯が完成したら噛み合わせなどをチェックしたうえで装着します。アバットメントの取り付けから完成までの期間は約1ヶ月です。一次手術から完成までの治療期間の合計は4ヶ月~1年程度ですが、むし歯や歯周病の治療や骨造成を行う場合は、さらに長くなります。

  • 7定期検診によるメンテナンス

    インプラントは人工物のため、むし歯になる心配はありません。しかし、周りの歯茎に「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病のような病気を発症する可能性があります。
    このような理由から、インプラントの品質を長く保つために、定期的なメンテナンスが必要です。また、メンテナンスの際は、歯のクリーニングも行います。口腔内を清潔に保つことは、結果的にインプラントの品質維持に繋がりますので、メンテナンスは継続的に受診しましょう。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット

インプラント治療は、アゴの骨に人工歯根を埋め込むため、土台がとても安定しています。入れ歯とブリッジは、あくまでも歯を失ったところに取り付ける仕組みのため、噛む力は天然歯に大きく劣りますが、インプラント治療であれば、天然歯に近い強さで噛めるため、これまでと同様の咀嚼力を維持できるのです。

デメリット

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べて治療期間が長いため、すぐにでも歯を補いたい方には向いていません。しかし、デメリットをカバーできるだけのメリットがあるため、総合的に判断することが大切です。

インプラント治療の費用

インプラント治療の手術費用 220,000円
アパッチメント費用 22,000円
人工歯(かぶせ者) 66,000万円
骨造成(GRB) 110,000円

※インプラント治療は、保険が適用されず自費診療となります。