お口に合った
入れ歯をご提案いたします

当院の入れ歯について

当院の入れ歯について

入れ歯(義歯)は、虫歯や歯周病などの病気、不慮の事故やケガなどさまざまな理由で歯を失った方の治療法の一つです。しっかり噛める状態を維持できる入れ歯を製作することは、きちんとした食生活、健やかな生活を送る上でとても大切です。
当院では、患者様が笑顔でおいしい食事をとり、充実した人生が送れるよう、一人ひとりに合った入れ歯(義歯)を提供してまいります。細かな調整やメンテナンスも得意としておりますので、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類について

入れ歯(義歯)は大きく分けて、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。また、費用面では保険適用の入れ歯と、保険が適用されない自費治療の入れ歯があります。
入れ歯はただ単に歯の機能を補えば、それでいいというものではありません。食べ物の温度や味が伝わりにくければおいしく感じられませんし、入れ歯の金属が見えることを気にしすぎていると外出するのも億劫になり、精神的にもいい影響を与えません。患者様のライフスタイルによって、必要となる入れ歯も変わってまいります。
当院では、ご予算やご要望など患者様のお話をよくうかがい、さまざまな選択肢の中から最適な入れ歯をご提案します。

入れ歯(義歯)治療の流れ

  • 1お口の中の確認と専用の型づくり

    お口の状態は、患者様一人ひとりで違います。精密な型をとり、より患者様に合った入れ歯づくりを進めます。

  • 2噛み合わせの位置を決める

    きちんと噛むには入れ歯の高さが重要なため、大事な工程の一つです。

  • 3仮の義歯の作成

    歯並びや噛み合わせのチェックなどを行います。

  • 4入れ歯の完成

    技工所で入れ歯を製作し、一週間ほどお待ちいただいて入れ歯の完成です。

  • 5入れ歯の調整

    入れ歯を装着し、快適に食事していただけるよう微調整していきます。

  • 6メンテナンス

    入れ歯の状態を確認するため、定期的なメンテナンスが大切です。また、現在残っている歯も入れ歯同様大切にしてください。

保険治療と自費治療の違い<部分入れ歯の場合>

ばねのある入れ歯(保険治療)

ばねのある入れ歯(保険治療)

ばねのある入れ歯は、両隣の歯にばね(クラスプ)を引っかけることで入れ歯を安定させます。
保険治療のため費用が比較的安いのが特徴です。
患者様のライフスタイルに合った治療を提供させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

ばねのある入れ歯(保険治療)

ばねのある入れ歯(保険治療)

ばねのある入れ歯は、両隣の歯にばね(クラスプ)を引っかけることで入れ歯を安定させます。
保険治療のため費用が比較的安いのが特徴です。
患者様のライフスタイルに合った治療を提供させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

ばねのない入れ歯(自費治療)

金属のばね(クラスプ)は使用しないため、歯に優しいことはもちろん、口を開けた時に金属が目立たず見た目を気にする必要はありません。金属アレルギーの方でも安心して使用できる部分入れ歯で、ばねのある入れ歯より自然な感触を実現できます。

保険治療と自費治療の違い<総入れ歯の場合>

プラスチック製の総入れ歯(保険治療)

床と呼ばれる入れ歯の土台部分の強度を上げるため、プラスチックで分厚く製作している総入れ歯です。そのため、熱が伝わりづらかったり装着すると違和感があったりします。

金属製の総入れ歯(自費治療)

床に金属を使った総入れ歯です。金属でできているため熱を感じやすく、装着時の違和感も軽減できます。食事をより楽しむことも可能ですし、見た目も口腔機能も健康な歯に負けないだけの工夫を凝らすことができます。

ダイレクトブリッジについて

歯を失った際には、①インプラント、②入れ歯、③ブリッジと、3つの方法がありますが、当院ではこれらに加え、第4の治療法として「ダイレクトブリッジ」を行っています。
ダイレクトボンディングの応用版ともいうべき方法で、歯を失った箇所の両隣の歯をほとんど削らずに、コンポジットレジンを使用し直接口腔内で歯を作っていきます。
入れたり外したりといった入れ歯の不便さもなく、ブリッジの両隣の健康な歯を削るリスクもありません。糖尿病などの持病が理由で、インプラント治療ができない方でもダイレクトブリッジは可能です。ダイレクトブリッジを取り入れている歯科医院は、現在のところまだ少数です。歯を失った場合、選択肢の一つとしてぜひご検討いただければと思います。

※すべての欠損部位で可能な治療ではありません。詳しくはスタッフにお問い合わせください。

症例紹介

ダイレクトブリッジ

ダイレクトブリッジ(修復前)
ダイレクトブリッジ(修復後)
お悩み 歯が抜け落ちたので何とかして欲しい
修復法 ダイレクトブリッジ
年齢 70才
性別 女性
治療回数 カウンセリング、処置、噛み合わせの確認の3回
治療の利点 ・ブリッジに比べて歯を削る量が少ない
・インプラントと違い手術が必要なく安価
・治療回数が少ない
・修理や再治療が容易
治療のリスクについて ・適応症例が限られる
・術者の技術に応じて仕上がりに大きな差が出る
・破折の可能性がある
・長期的にみて変色の可能性がある
・セラミックに比べて汚れが付きやすい
費用 60,000円(税込)