副院長

新型コロナウイルス感染症の拡大とお口のメンテナンスについて

こんにちは。副院長の湯浅由崇です。皆さま、新型コロナウイルス感染症の拡大でご不安な日々を送っていることと存じます。

 

さて、いつもお口のメンテナンスでご来院いただいている皆さまの中には「メンテナンスは不要不急ではないか」とお悩みの方もいらっしゃると思います。しかし、歯周病は歯を失うだけでなく、脳梗塞・心臓病・糖尿病・誤嚥性肺炎といった命に関わる疾患とも深く関連しています。メンテナンスはそれらを防ぐためのものであり、決して「不要」な治療ではありません

 

ただし、お口の状態によってはセルフケアがしっかりできていればメンテナンスを多少先延ばしにしても問題がない=「不急」の方もいらっしゃいます。お電話いただければ先延ばしできる期間の目安をお伝えいたしますので、ぜひ参考になさってください。皆さまのお体を守るため、できるだけこの時期までにご来院いただけますと幸いです。また、すでにご予約されている方は、先延ばしできる期間まで延期されても大きな問題はございません。その際はどうぞお気兼ねなくご連絡ください。

 

なお、歯科での感染リスクについて様々な報道がなされておりますが、飛沫や出血がある歯科では、従来から感染症対策を徹底しております。当院ではオートクレーブによる器具の滅菌、アルコールを用いた消毒のほかに次亜塩素酸水による消毒も行っております。もちろん【3密】を避ける対策も十分にとっておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

湯浅歯科医院